ふわ太の徒然ダイアリー

趣味の旅行やバレエ、雑多な日常を のんびりおはなしするよ

【山田くんとLv999の恋をする】第59話「もうずっと昔のこと」 ネタバレ感想

  ↓ タップでカテゴリに飛びます ↓

f:id:izayohitsukiyo:20210711200432p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711201535p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711200442p:plain

クリスマスが終わり、年越しのため帰省することにした茜。

少しの間、山田と離れることになってしまう。

でも山田の想いはずっとそばにいてくれる。

f:id:izayohitsukiyo:20210722091904j:plain 公式ツイッターより拝借

※注意:ネタバレを含みます! 

ーーー目次ーーー

第59話 「もうずっと昔のこと」

<< 第58話 「私がそれをやめたら」

>> 第60話 「coming soon」

ーーーーーーーー

 

あらすじ

山田は所属するプロチームの面々とゲームをしていました。わちゃわちゃと盛り上がる(ほぼ谷さん)中、きりのいいところで山田は離脱。スマホには「あと1時間くらいで支度終わります」という茜からのメッセージが入っていました。

その頃、茜は年越しのため実家の群馬へ帰る準備中でした。桃と電話しながら荷物を詰め、準備が整いロビーへ向かうと、そこには山田の姿が。帰省する茜を見送りに出てきてくれたのでした。

駅でトイレに向かうため山田と離れた茜は、そこで元カレのたくまと新カノの仲睦まじい様子を偶然みかけてしまいます。驚く茜ですが、その表情はとても優しい笑み。

茜(もうずっと、昔のことみたいに感じるなぁ)

山田に見送られ、新幹線に乗った茜はうたた寝を始めます。

……………

………

クリスマスの頃、なんでもいいですよ、という山田にちょっと重いかもと思いながら茜がリクエストをします。

茜の希望を聞いて、山田が用意したもの。

茜「ずっと身につけられるものがあると、心強いっていうか」

少し遠慮がち言葉を紡ぐ茜の首に、プレゼントを飾る山田。

山田「今度は、踏まないようにしないとなって」

首に山田からの想いを飾った茜が振り向き、微笑みあいます。

茜「今度は絶対、落とさないよ」

………

新幹線で眠るその首には、かわいらしいお花のネックレスが咲いていました。

 

 

感想

 クリスマスの話もっとじっくり見たかったぞ………!!!!!しかし皆さん幸せそうで、とても心がほっこりする素敵な回でした。さて冒頭から感想を書き連ねてゆきませう。

ゲームする山田くんたちプロチーム。谷やん、ほぼひとりでずーーーっと喋ってる。それにただひとりだけ反応を返してくれる漆黒のアクアくん。言ってることが呪詛っぽくてすっごいわかりにくいけど、付けてくれてる翻訳みたら良い子すぎて谷やんさん共々私も泣いた(谷さんは泣いてない)。

でも注目はそこじゃない!目が乾燥すると、目薬をさす山田の美人なこと!!前髪が重力にまかせて割れて、額があらわになっている姿かっこいいね?最高だね。

そして茜ちゃんが荷造りをしてるときに出てくる下半期の回想カット。山田と出会って怒涛の、でも楽しかったんだろうなぁというのがよく分かるカットでした。

結衣ちゃんは、茜とも桃ちゃんとも仲良くなってるみたいで遊園地ではしゃいでた。バイト先での忘年会とか、ギルメンでのクリスマス会とか、すごく楽しそう。よかったね、みんなが幸せそうなの。このお話の良いところだと思うんです。ひと悶着あってもそれぞれが、それぞれ幸せそうに笑ってる。すごく好きです。

あと桃ちゃんのブレない男探しもサバッとしてて好き(笑)

 

その後、ロビーで待ってる山田くんと落ち合うのですが、山田くん君ゲームしてたね?ロビーでしゃがんでフードかぶって。それちょっと知ってる人じゃないと怖いやつよ?w

茜ちゃんの足音が聞こえて、フードかぶったままイヤホン外して振り向く山田。………美人。さりげなくキャリーを持ってあげて、手をつないで仲良く駅に向かう二人。尊い。これがてぇてぇと言うやつか。

茜ちゃんも山田も思いが通じて表情に余裕が生まれたと言うか、優しい愛しいものを見る目がきれいだなと思うのです。

たくまと新カノが仲睦まじい様子を見かけて、茜が思った「もうずっと昔のこと」。きっと、フラレて荒んで、たくまの想いとともに壊れてしまった(壊されてしまった)ネックレス、あの一連の出来事のことだろうなぁ。今があるきっかけの、最初の出来事。

そして今回、山田からもらったのもネックレス。山田が踏んで壊してしまったネックレス。「踏まないようにしないと」「今度は絶対落とさない」。物語を最初から見てきたから、彼らにとってこの言葉は「大事に想う」「ずっと一緒にいる」そういう大きな意味を持つよなぁと思うと本当にもう。このシーンが好きです。幸せそうにおでこを近づけて、笑って。ああもう幸せになってくれ。

それから地味に好きなのが、お見送りに来た山田の見納めシーン。着ぶくれしてもこもこな山田めっちゃかわいい(笑)

あと、茜ちゃんの本気の重いプレゼントって言う言葉から推測するのが「大型家電」ってww 一人暮らししてるから仕方ない発想だろうけど、面白すぎるでしょ(笑)重いの意味が違う。かわいい(笑)

こういうぽやんとしたところも見られるといいですよね~(*´ω`*)

 

★第58話はこちらから↓↓

 

次回の妄想

 さて、年越しに帰っていった茜ちゃん。ちょこっとご実家の話がはさまるのでしょうか。気になる要素が多くてなかなか推測をたてづらいな~と思っているのが正直なところ。今度こそ山田くんの家庭事情が出てくるでしょうか。

この幸せな時間が続いてほしいなぁという祈りが先行してあまり考えられません(笑)

ということで次回に期待です!w

 

★第60話 「coming soon」

【山田くんとLv999の恋をする】第58話「私がそれをやめたら」 ネタバレ感想

f:id:izayohitsukiyo:20210711200432p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711201535p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711200442p:plain

日々膨らむ、山田への想い。

止めるのはいつだって自分の役目だけど…。

茜ちゃん、色んな意味でドキドキの58話です。

f:id:izayohitsukiyo:20210708014142p:plain 公式ツイッターより拝借

※注意:ネタバレを含みます! 

ーーー目次ーーー

第58話 「私がそれをやめたら」

<< 第57話 「結果論で語るなよ」

>> 第59話 「もうずっと昔のこと」

ーーーーーーーー

 

あらすじ

 毎日、どんどん大きくなる山田への「好き」。ときどき破裂しそうなほど膨れるこの気持ち。徐々に深まっていくキスをしながら、茜は思います。止めるのは自分の役目だと思っていたけれど、

茜(私がそれをやめたら、山田はどうするんだろう)

そんなとき、山田のスマホが着信を知らせます。電話に出ていいよ、と言われ山田が電話に出ると、まさかの高校の女子からで唐突に告白タイムが勃発。

気を遣ってそろ~りその場を離れた茜は、改めて山田のモテ具合に危機感を抱きます。もやもやと気になることが色々出てくる茜。しかし、

桃「どうだっていいのよ、そんな些細なことはっ」

この場にいない親友の般若のような本気の顔と言葉をを思い出し、聞かないでおくことに…。

電話が終わり戻ってきた山田に茜は、さっきは(誘惑して)ごめんね、ただ…と言葉を続けます。

茜「私はまだ本気出してないから」

とてもキリッとした顔で言ってのける茜。対して山田は「かっけぇ」と笑います。

山田「なんで手加減してくれてんすか?」

その問いに対し、受験生だし、一応自分のほうが年上だからと理由を話すと、山田は余裕のある笑みを浮かべ宣言します。

山田「ちゃんと合格しますから、待っててくださいね」

茜「? うんっ、もちろん!頼むよっ!」

ちょっとあせあせしながら取り繕う茜を、笑顔で見つめる山田。

茜(仕方ないからその日までは、私が手加減してあげるよ)

そうして、仲良くおしゃべりをしながら本日の晩御飯の支度に取り掛かる二人なのでした。

 

感想

 開幕早々、山田の色気がやばいです。本当に彼女一人目の高校生ですか彼は???

茜ちゃんを酸欠になるまでキス一つで追い詰めておいて、本人はいたって涼しい顔してるんですからもう何なんでしょうね。欲望に忠実なのか、冷静なのか…。なんと末恐ろしい男子高校生だ…。

そして唐突に始まる告白タイム。山田ってこういうのすご~~~くよくあるんだろうなと思います。実際に最初の方でも駅で女子に告られてましたしね。気づかずスルーしようとしてたけれども(笑)

茜ちゃんの、余裕のある年上女子を演じたいけれどちょっと隠しきれない余裕の無さ、みたいな感じが可愛いですよね。こんだけ山田がモテるところを目の当たりにしてこれば、否が応でも不安になりますよねぇ。うかうかしてたら盗られるんじゃって。山田自身は茜ちゃん以外に見向きもしてなさそうですけどね…。そう思うと椿ちゃんって、山田の中で、女子の親友(?)みたいな新ポジを確立させた勇気ある素敵な女の子ですよね。私は好きです椿ちゃん。幸せになっておくれ…。

それから桃ちゃんの顔よ。笑 死にものぐるいでしがみつけ!!って本当桃ちゃんらしいと言うか、本音ダダ漏れですっごい好き(笑)茜ちゃんにない部分を補ってくれるいい友人ダ。こちらも好きだよ桃ちゃん。(笑)

電話が終わって戻ってきた山田と茜の会話もいいですよね。茜ちゃんの言葉が伝わってるのか伝わってないのか、いまいち測りかねると彼女は思っていますが、きっと山田には伝わってるのでしょう。今までだって山田は茜ちゃんの本心をちゃんと汲み取った行動を取っているように見えましたし。優しいし。賢いし。思いやれる人だから。

大学デビューしたらあれかな、さらにお熱くなるんだろうなあと今から想像でごはんが何倍でもいただけそうですね。というか、今回の会話でまだクリスマス前だったことに気づきました。勝手にもうすっかり1月くらいなのかと思ってた(笑)そうだよね、クリスマスなんてビックイベント飛ばすはずないよね。私がうっかりしてましたごめんなさい(←?)

今後もどんどん、愛を深めていってほしいなと思った回でした。どきどき&ほっこり。

 

★第57話はこちらから↓↓

 

次回の妄想

 ましろ先生のツイッターに距離感の近いふかりが描かれているのが更新されていました(下絵)。これが次回に絡んでくるのかわかりませんが…。

二人は顔を突き合わせていて、山田の体勢が座って上から、茜ちゃんが下から見上げて微笑みかけている。という構図のイラストでしたね。山田の表情は髪で隠れてちょっとよみとれなかったですが、茜ちゃんは頬を染めて微笑んでいました。山田の口元…口角がちょっと上がっているようにも、そうでないようにも見えます。

一見幸せそうに微笑み合っているようにも見えますが、私にはどうも茜ちゃんが山田を励ましているような空気に見えました。。。実際どうなのでしょうね。。。

さて今回、クリスマスというワードが最後の最後で出てきたので、今後はクリスマス色のある話が展開されるのかなぁと予想します。

聖夜にちなんだ幸せなふたりのお話が見られますように!次回も楽しみです!

 

★第59話 「もうずっと昔のこと」

【山田くんとLv999の恋をする】第57話「結果論で語るなよ」 ネタバレ感想

f:id:izayohitsukiyo:20210711200432p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711201535p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711200442p:plain

茜と結衣の顛末を、家庭教師バイトの山田から聞く瑛太と瑠奈。

エスピオンとの昔のアレコレを振り返りつつ、他愛ない話をする三人。

その後、バイトの帰りに茜の家に訪れた山田。二人の距離にも少しずつ変化が…。

f:id:izayohitsukiyo:20210624021803j:plain

※注意:ネタバレを含みます! 

ーーー目次ーーー

第57話 「結果論で語るなよ」

<< 第56話 「よくあるやつだよ」

>> 第58話 「私がそれをやめたら」

ーーーーーーーー

 

あらすじ

朝9時、茜は自室で目を覚まします。夢を見ていた茜は、寝ぼけ眼で「おはやう」と山田にメッセージを送ります。それを受け取った山田は、学校で自習時間の真っ最中。

……………

………

夕方。学校帰りに山田は瑠奈の家庭教師で佐々木家を訪れていました。

受験勉強のストレスから来る腹痛で、早めに授業を切り上げた瑠奈と山田は、瑛太とドーナツを食べながら、先日の茜と結衣の件の顛末と前に起こった「エスピオン」との揉め事(結論:エスピオンから引き抜いた女がレンの彼女で、瑛太と揉めた)について話をしていました。

瑛太「あの一件以来人を増やすの慎重になってたけど、なんだかんだでいい子たちが入ってきてくれて良かったよね♡」

瑠奈「結果論で語るなよ」

ただでさえよそ者に厳しい瑠奈ですが、受験勉強のイライラMAXにつき更にアタリがきつくなっている模様です。同じ受験生でも一方の山田はというと、模試A判定で余裕をぶっかましていらっしゃるようです。

瑛太「まぁお前は昔から何でも器用にこなすからね」

……………

………

佐々木家の夕飯を断った山田がやってきたのは、茜の家。

頼まれていたシュークリームを手渡すと、茜は「起きたときから食べると決めてた」と嬉しそうに受け取ります。ふと、茜がその言葉をよく口にすることに気がついた山田。茜いわく、夢で見ると食べたくなってしまうのだそう。

 

山田「シュークリームの夢でも見たんですか」

上着を脱ぎながらそう聞くと、シュークリームを受け取ったまま茜は「ううん」答えます。

 

手を洗い、うがいをしている山田の背中に刺さる視線。疑問に思っていると声が。

茜「キスしていい?」

突然のことに驚いた山田は、うっかりうがいをしていた水をごくん。なお刺さり続ける茜の視線。

山田「ちょっと、待ってて…」

小さく、ください…と付け加え、照れた様子の山田。うがいを終え、キスをするも物足りなそうな茜の様子に、いつもと違うものを感じた山田はどうしたのかと茜に問います。

山田「いつも俺と部屋に二人だとすげぇ警戒してるのに」

すると頬を染め、目をそらした茜から返ってきた答えは、

茜「起きたときから決めてたから」

その言葉に、タガが外れたようにスイッチが入る山田。二人はキスを繰り返し、甘い空気を纏っていきます…。

茜は思っていました。いつだって止めるのは自分の役目なのだと。だから今までは気をつけていたのです。山田に警戒されていると思われるほどに。

茜(だけど最近は、ときどき上手にできない)

目の前には、夢で見たのと同じ、少しの獰猛さと熱を孕んだ瞳がそこにありました。

 

感想

っっっっくあぁああああああ!!!!!

山田くん、高校生ですよね??なんでしょうねこの色気は。茜ちゃんもとうとう理性が負けそうになってきた模様です。

それよりも最初のコマ、今回の最初のコマですよ。これ、茜ちゃんの家による来た段階では山田制服で、茜ちゃんも部屋着なんですよね。でも最初のコマ、制服でもなければ茜ちゃんに至っては翌朝目覚めたときのタンクトップですよね…?ということはこれ夜なのか?山田お泊りだったのか…?とすると、早朝に茜ちゃん家を出て、自宅に寄って学校行ったとかそういう、…………と、最初読んだときは思いました。

いやでもこれ、違う。夢だな。夢だ。茜ちゃんだみた夢だ。

そして、この夢を見たために、茜ちゃんはどうしても山田とああいうキスがしたくなっってしまったのですね。夢に見てしまうほど好きで好きでたまらないのですね…。

エスピオンの感想も書きたいところなのですが、ちょっとそれどころではないくらい二人の進展が目覚ましかったのでなかなかにエスピオンまで思考リソースが割けません。というかちょっと飛んじゃいました。。。笑

そういう夢を見てしまったのだ、と理解した山田が心のままにキスを繰り返すのがまたたまらなく良いですね。こちらも茜ちゃん大好きで仕方ないのだなととても微笑ましくそして心臓に悪い漂う色気がエロい!素敵ねお兄さん!

ということではい。今回の感想でした。

読んだ感情そのままにちょっと暴走気味に書いてしまったので、乱文っぽい感じになってしまいましたが…ああ、感情昂ぶってるんだな、と生温かくお許しください。 笑

 

★第56話はこちらから↓↓

 

次回の妄想

はい。今回は56話から1回分の休載を挟んで、約1ヶ月ぶりの更新となりました。

そしてこれがまた糖度高めの、こちらが舞い上がって墓場に入ったくらいのところで次回へ続くという、なんでしょう。このじれったい感じ。

このまま少し甘い空気が続くか、それとも少し気になる瑛太くんの「器用にこなす」という山田に対する一言。なにかしらこのことに関するエピソードが始まるのでしょうか。

以前ツイッターだったかな質問箱だったかで、ましろ先生が後々山田が一人暮らししてる話も描く的なことをおっしゃっていた気がする(曖昧)ので、それ関連だったりするのでしょうか…。

次回の展開にも期待です。ときめきが止まらない!!

ましろ先生、いつも素敵な作品を本当にありがとうございます!!

 

★第58話 「私がそれをやめたら」

【キューケンホフ公園(Keukenhof)】満開チューリップの幻想空間。雨天のち晴れ。

f:id:izayohitsukiyo:20210711200432p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711201535p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711200442p:plain

オランダと言えばチューリップや風車など有名です。

そして、チューリップといえば言わずと知れたキューケンホフ公園!

この美しい花の楽園を散策した感想を、写真を交えてたっぷりお伝えします(*‘ω‘ *)♪

f:id:izayohitsukiyo:20210613200557j:plain

ーーー目次ーーー

ーーーーーーーー

 

キューケンホフ公園(Keukenhof)とは

「ヨーロッパの庭」とも呼ばれるほど有名なフラワーパークで、世界最大の球根花の楽園だそうです。約32ヘクタール(東京ドーム約8個分)の広大な園内にはオランダの象徴チューリップを中心に、スイセン、ヒヤシンスなどが咲き乱れており、とっても華やか。本当に感動・圧巻です。

キューケンホフ公園の開園期間はその年によって異なり、花がが咲いている3月中旬~5月中旬しか園することができません。そのうえ開園していてもあまり咲いていないときもあるらしく、旅行で行くとなると、ばっちり満開の姿にお目にかかれるかは本当に自分たちの運次第。。。そして毎年異なるテーマで造園されるそうなので、同じ姿は二度と見られないのだとか。

広くて回るのはなかなか大変でしたが、色とりどりの春の花々が最高の癒しでした!

キューケンホフ公園HP:https://keukenhof.nl/en/

 

スキポール空港からの直通バス

スキポール空港からのアクセス方法はバスがオススメです。乗り場も分かりやすいですし、乗ってしまえば公園の目の前に降ろしてくれるので、とっても楽だからです!

バスを利用する場合のチケットの買い方は2つ。

①キューケンホフ公園のコンビチケットを利用(入園+バス)

②リージョントラベルチケット+キューケンホフ公園の入園チケット(電車+バス+入園)

今回私たちはアムステルダム近郊も観光する予定だった②を利用しました。

自分たちの観光ルートに合わせてチケットの購入方法を考えた方がお得になりますよ!

 

 

感想レポート(2019.04.28 Sun)

4月末のオランダの気候・直通バス

オランダ第一の感想、寒い。ドイツより寒い。

当然ですが日本の春の恰好では寒すぎるので、しっかり上着を持っててもいいを思います。ウルトラライトダウン+コーディガン+スカーフで寒かったです。(朝で雨だったし) 皆さん行かれる方は気を付けて下さいね! 

さて、ということでスキポールのバス乗り場へと移動します。

乗り場には「Keukenhof」と書かれた色とりどりチューリップの立て看板があるので、その付近まで行けばすぐに見つけられますよ。リージョントラベルチケットを乗り場ゲートにかざして列に並びます。

バスに乗り込んでいざ出発!

f:id:izayohitsukiyo:20210529234437j:plain f:id:izayohitsukiyo:20210529235850p:plain

ドアでかいな~!

…って、ちょっと待ってこのバス、おベンツ様じゃないの!

調べてみたら日本にもベンツのバスってあるみたいですが、あまり意識したこともなかったし、うおぉぉ海外キター!って感じでテンション上りました。基本旅行中は色んなものを見てテンション高めなので、何にでも感動しがちなふわもこです。

バスの車窓からの景色(どんより雨模様)をわくわく眺めつつ、バスに揺られること約20分。キューケンホフ公園に到着しました。

 

キューケンホフ公園 (写真12枚)

広い…!!いや、想像以上にでかい!!

入口ゲート付近には巨大なロッカーも備え付けられており、荷物の多い方はここに預けることができます。私たちは一泊分の軽微な荷物しか持っていませんでしたから使ってはいませんが、それなりの人数が利用している印象でした。

さっそく園内に入ります。

お出迎えしてくれたのは沢山の種類のチューリップ!初めて見るようなちょっと攻撃的な?姿のチューリップもいました。面白かったです。

f:id:izayohitsukiyo:20210613200547j:plain

ちょっと攻撃的な(?)姿のチューリップ。かわいい

このときはまだ雨が降っていたので傘をさしながら、カメラで写真を撮りながら景色を楽しんでおりました。

f:id:izayohitsukiyo:20210613201011j:plain

雨粒をまとったチューリップ

しとしと降る雨に打たれるお花も綺麗ですよね!

観光しに来ていることを思うとちょっと不便で残念な気持ちにはなりますが、見れるだけで結構ラッキーだと思ってるのでオールOKなのです!!

そして、すこし歩いてたどり着いたのは素敵な音を奏でる巨大オルゴールのような自動演奏機。パンチカードで音を奏でています。

f:id:izayohitsukiyo:20210613202438p:plain

めっちゃいい音~(*´ω`*) 癒やしです。花とともに美しいです。

 

とは言え、雨も降ってるうえとても寒い園内。

マップを見るとところどころに売店がある模様なので、さっそくあたたかい飲み物を探しに行きました。

お近くの売店でホットチョコレートを購入したふわもこ。本当は座って飲みたかったんですけど、あいにくお店の前のベンチとテーブルは雨でぐっしょりだったので、甘さと温かさを冷えた体に流し込みます。

f:id:izayohitsukiyo:20210613210238j:plain

クリーム付きで頼んだら、えらいマシマシにもられたホットチョコレート。笑

屋内にも観覧スペースや展示もあるので、こちらも楽しみつつ、本命のチューリップをどんどん堪能しに進みます。

f:id:izayohitsukiyo:20210613200618j:plain

屋内に飾られたチューリップ

その後、雨が上がって徐々に晴れ間が見え始めた空!

歓喜しながらお花を見て回ると、雨粒が陽光を受けてキラキラ光り輝いていて、こんな貴重な画を見ることができるなんて!とものすごく嬉しい気分になりました。

チューリップやムスカリを使って地上に画を描いていたり、色とりどりのチューリップで虹色に地を彩っていたり、池の中を歩いてわくわくしたり、自然を堪能してとっても気持ちいい時間をすごしました。

↓ 徐々に明るくなっていく空模様がうかがえます。

f:id:izayohitsukiyo:20210620124954j:plain

チューリップとムスカリで描いた「チューリップ」

f:id:izayohitsukiyo:20210620124633j:plain

虹色チューリップ(ムスカリ)

f:id:izayohitsukiyo:20210620125842j:plain

f:id:izayohitsukiyo:20210620124640j:plain

f:id:izayohitsukiyo:20210620124643j:plain

池の中を歩いてわくわく

池の水は雨で多少増えていたので、靴の中びちゃびちゃになりましたが通常はもう少し水位が低いようなので歩きやすいと思います。
そうこうしているうちにお昼の時間になって、お腹が空いてきたので食事ができそうなところを探したのですが、どこもかしこも賑わってそうだったので、次の観光予定の場所に向かいながら食べることにしました。

 

たっぷり園内を堪能したので、出入り口付近にあるお土産屋さんに立ち寄って帰ることにしました。ここにあるものがもう、可愛くて!!!

f:id:izayohitsukiyo:20210620124731j:plain

大きな木製チューリップに乗るミッフィーちゃん人形

f:id:izayohitsukiyo:20210620131316j:plain

木製いろいろ


この木製のチューリップがとてつもなく可愛いのです。丸いフォルムが愛らしく、私もこれのもう少し小さいマグネットのものを日本へ連れて帰ってきました。
ちなみに、もちろんお土産はこれだけではなく、かばんやよくあるお土産など色々な種類がありましたよ!

さて、これにてさらば!キューケンホフ!とおもってお店を出ようとするとなんと。

f:id:izayohitsukiyo:20210501062839p:plainバケツを引っくり返したような大雨!!笑f:id:izayohitsukiyo:20210501062825p:plain

園内を見ている間は、楽しめよってなんとか天気をもたせてくれてたんだなぁって空に感謝しながらそそくさとスキポール空港行きのバスに乗って、公園をあとにしたのでした。

 

まとめ

キューケンホフ公園。

このためにオランダに旅行しに行ったようなもの。ゆえに期待値はとても高い状態で足を運びましたが、それを裏切らないどころか余裕で上回ってくるくらいの素晴らしい楽園でした!

写真でお伝えできたのはほんのごく一部に過ぎません。毎年違うデザインで造園されるようですし、ぜひぜひコロナが落ち着いた暁には、感動でキラキラしに行ってみてくださいね(*´ω`*)

 

★旅行の全容はこちら★

オランダ&ドイツ【10日間】 春爛漫プチ贅沢旅♪

オランダ編ドイツ編①ドイツ編②

 

【山田くんとLv999の恋をする】第8話「オフ会したいなぁ♡」 ネタバレ感想

f:id:izayohitsukiyo:20210711200432p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711201535p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711200442p:plain

山田と瑠璃姫が良い感じなのでは?と気になって仕方ない茜。

そんな折、瑠璃姫とよく似た雰囲気の女の子と一緒に山田がいるところを見かけてしまう…。

f:id:izayohitsukiyo:20210613161525p:plain

注意:ネタバレを含みます!

ーーー目次ーーー

第8話 「オフ会したいなぁ♡」

<<第7話 「二人ってもしかして」

>>第9話 「瑠璃姫ちゃんだよね!?」

ーーーーーーーー

 

あらすじ

山田と瑠璃姫の仲睦まじい様子が気になる茜。山田をネット検索してみたり、先日の合コンで喋ったゲーム好き男子に山田のことを知ってるか聞いてみたり…。

そんな時、茜は瑠璃姫のようなフリフリな格好をした女の子と寄り添って歩く山田の姿を見かけます。彼女はいたことないと言っていたはずの山田が女の子といる。どうしても茜の心はモヤモヤしてしまいます。

今日はFOSへのログインをやめようと決めた時、スマホの通知が鳴ります。見るとそれは瑠璃姫からで、今度開催されるFOSコラボカフェへのお誘いでした。

瑠璃姫「さっきばったりリアルで山田くんに会って山田くんも誘っちゃった!♡」

リアルでばったり…。茜は先程の女の子が瑠璃姫なのでは?と思い至ります。

瑠璃姫「瑠璃、あかねっちとオフ会したいなぁ♡ だめかなぁ??♡」

瑠璃姫「お♡ね♡が♡い♡」

ぽぽんっと連続で届くメッセージに、山田とあの女の子の仲よさげな姿を頭を振って追い払った茜は、返事を送りました。

茜「OKだよ、行こう」

 

感想 

 めちゃめちゃに山田のことが気になっちゃってますね、茜ちゃん。合コンのときの男子の話、全然聞いてなさすぎて面白いしちょっとかわいそう…笑 一生懸命、茜ちゃんの気を引こうとゲームの話ししたり、サークル誘ってみたりしてるのに、山田の姿を茜ちゃんが見つけた瞬間お話強制終了で ぱっと帰られてしまうし。

そしてなんというかタイミングバッチリのところで瑠璃姫からのメッセージ。というかこの分だときっと結構頻繁にやり取りしてそう。ゲームにのめり込んできてますね、茜さん。

ゲームのイベント(オフ会)には私自身も一度だけ行ったことがありますが、ある程度の客層が想像できないと行く気になれないんですよね。だって女子だと誰が来るかわからないとちょっと怖いから…。今回はリア友(?)の山田がいるからまだいいけれど、前回のイベントの男性の多さを考えると、ギルドといえど簡単にOKは出しにくいですよね…。そういう危険度が茜ちゃんの頭から抜けてるのがとても心配なんよ。実際しばらく後に(エスピオンの時)ゴタゴタに巻き込まれてますしね。

もうすこし危機感をもって生活した方が良いのでは…一人暮らしだしなおさら…と思ってしまう茜ちゃんの一面でした。 がんばれ茜ちゃん。

 

★第9話 「瑠璃姫ちゃんだよね!?」

 

【山田くんとLv999の恋をする】第7話「二人ってもしかして」 ネタバレ感想

f:id:izayohitsukiyo:20210711200432p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711201535p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711200442p:plain

傷心から立ち直り、桃と一緒に合コンに参加する茜。

しかし今はゲームの方が楽しいため、なかなか合コンに集中できない。

家に帰ってるんるんでOFSにログインすると、山田と瑠璃姫が何やら怪しげな雰囲気で…?

f:id:izayohitsukiyo:20210505002157j:plain

注意:ネタバレを含みます!

ーーー目次ーーー

第7話 「二人ってもしかして」

<<第6話 「心配してましたよ」

>>第8話 「オフ会したいなぁ♡」

ーーーーーーーー

 

あらすじ

茜は桃と一緒に合コンに参加していました。しかし茜はまだ恋愛には時期尚早で身が入らず、桃から怒られてしまいます。

桃「せっかくいい合コンだったのにスマホばっかいじって!」

茜がその時やりとりしていたのはギルドマスターの瑠璃姫。瑠璃姫を女の子だと思って茜は携帯を教えたり、恋愛の相談をしたりしていました。桃におっさんだったらどうするの?と危険性を問われ、実際はどんな子なんだろうと茜は考えます。

合コンから帰宅し、茜は合コンより意気揚々とFOSにログインします。ギルドへ入るとそこには瑠璃姫と山田の姿が。しかし茜には気づかず、2人は会話(チャット)を続けています。

茜(こっ、この二人……デキてる……っ!?)

様子をそっとうかがい、アヤシイ雰囲気を感じ取った茜。

山田「ところで、ギルドの人なら俺ら以外にもいますけど」

瑠璃姫「あー!♡ あかねっちだー(*‘ω‘ *)♡♡」

Akane「……」

そして山田は、予定があるからとすぐにログアウト。その時、

瑠璃姫「後で電話するね♡」

山田「はい」

茜(電話っ!?)

そういえば山田って瑠璃姫とはよく喋ってるな、ということから彼氏彼女なのでは?と勘ぐる茜。ちょっとショックを受けてしまう。ただ自分でもどうして落ち込んでいるのかはまだわからない模様。

そしてログアウト後、山田のスマホがメッセージを受信。確認すると、瑠璃姫から「おつかれさま!また後でねっ♡♡」と「すきっ」といううさぎスタンプ付きのメッセージが。と山田は「はい。また後で」と静かに返すのでした。

 

 

感想 

とりあえず茜ちゃん、合コン集中せずにゲームの方に気を取られてるの、気持ちは分かるんだけどその場にいる人がかわいそうだww 桃ちゃんが元気づけようとしてくれたんだろうけど、恋愛気分じゃなかったのね~。ま、仕方ないですけど。

そして瑠璃姫ちゃんとゲーム外でやりとりするのはいいけど、危機感の欠如よね。。。相手が男か女かもちゃんと確認せずに、良い人そうだからってだけでスマホ教えちゃうのはいかがなものかと思う。せめてTwitterとかSNSにすべきよね!みなさんは気を付けて下さいね。危険だから。

そして瑠璃姫ちゃんを完全に女の子だと思っちゃってるもんだから、山田との仲睦まじい様子を彼氏彼女だと勘違いしてしまってる…笑

でも、わかる。わかるよ。入りづら~い空気感かもしてる人たちに見えるよね。会話もなんか意味深だったしね。私もちょっとためらうと思うもん。笑

そしてこのもやっとしてそうな茜ちゃんの感じからして、もうちょっとこの辺から山田のことを意識し始めてる感じですよね。意識してるというか、人として好意的に認識しているというか。だから余計にゲームが楽しいし、合コンも身が入らなくなっているのでしょうね。

ふっと突然湧いた、山田と瑠璃姫の疑問。茜ちゃんの心を揺らしつつ、物語は進んでいきます。

 

★第8話 「オフ会したいなぁ♡」

 

【山田くんとLv999の恋をする】第6話「心配してましたよ」 ネタバレ感想

f:id:izayohitsukiyo:20210711200432p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711201535p:plain f:id:izayohitsukiyo:20210711200442p:plain

傷心の茜のもとに突然実家からやってくる大量の荷物。

茜は友だちの桃と一緒に断捨離を決行することに…。

f:id:izayohitsukiyo:20210504164828j:plain

注意:ネタバレを含みます!

ーーー目次ーーー

第6話 「心配してましたよ」

<<第5話 「そろそろボス湧きの時間なんで」

>>第7話 「二人ってもしかして」

ーーーーーーーー

 

あらすじ

壊れたネックレスを握りしめ、自室のベッドで横たわる茜。そんな茜のもとに突然宅急便がやってきて大量の荷物を運び込んでいきました。部屋を埋め尽くすほどのダンボールの正体は、母から送られてきた実家の自分の部屋の荷物たち。嵐のような宅配に茜も目が点、言葉も出ません。

桃「ーーで、なんで私が…」

困った茜はバイト帰りの友人・桃を召喚します。すごく面倒くさそうな桃。

茜「助けて桃ちゃん!!(中略)どうしたらいいの!?」

桃「だるい 全部捨てろ」

かくして茜の部屋の断捨離が始まりました。日は落ちて、夜まで続いた桃による容赦ない断捨離。たくさんゴミ袋ができあがったころ、桃は2つの物をどうするか茜にといかけます。

桃「これとこれ邪魔なんだけどー、どこにしまう?」

たくま(元カレ)からもらった壊れたネックレスと、山田から借りた折りたたみ傘でした。そんなとき、ふと茜は山田の『ちゃんと取捨選択して下さい』という言葉を思い出します。

……………

………

どっさりと大量のゴミ袋を2人はゴミ置き場に出し終え、桃は息をつきました。

 桃「……結局、それはすてないのね」

茜「うん」

くまのぬいぐるみを抱え、大量のゴミ袋を眺めながら茜は心を決めます。

茜「でも、あとは全部 捨てる もういらないものだから」

たくまから貰ったものも、実家にあったものも、大切だったもの全部を取っておくことはできない。頭によぎった山田の言葉で決心を固めた茜は、ようやく一歩を踏み出すことができたのでした。

……………

………

夜22:45、山田の家のインターフォンだアホほど連打され、キレた山田が玄関のドアを開けると、そこには酔っ払いろれつのまわらない茜と桃の姿が…。

茜「やまらー!!傘返しに来たよー!!」

桃「やーん♡ほんとにイケメンらぁ♡ 桃れーす♡」

またしてもお酒を引っ掛けて山田に迷惑をかける茜。桃は山田の胸にぴったり寄り添ってしまっているし、さすがに今回は山田も苛立ちを隠せないようです。

山田「わりと真面目に通報しますよ」

傘返さなくていいって言いましたよね、逆に迷惑なんですけど、と苛立つ山田に茜もちょっとあせあせしています。

茜「あとは、お礼言いに来た(中略)ほんとに ありがとうって」

 イベントの日に山田がそばに居てくれてたことに、どうしてもお礼を言いたかったのでした。そんな様子の茜に、山田はあまり理解が追いついていないようでしたが、ふと悲しげに泣いていたあの日の茜を思い出します。

山田「……そういえば」

通報されないうちにと、桃を連れて帰ろうとしていた茜に声をかけました。

山田「ギルドのマスターが心配してましたよ」

あれ(ストレージ事件)以来、茜がFOSにログインしてこないと気にかけてくれているとのことでした。

山田「……ので まぁまた 暇が… あれば」

しどろもどろになりながら山田がゲームに誘うと、茜はスッキリした明るい笑顔を見せて答えました。

茜「する!」

山田のおかげで元気を取り戻した茜。

ゲームで始まった縁はまだまだ続くようです。 

 

感想

茜のお母さんw 荷物を娘に送るのはいいんだけど、せめて事前に連絡欲しいですw

まあ連絡がなかったおかげで、自分の周りの取捨選択ができるようになる茜ちゃんなので結果オーライですけれども… 彼女も彼女で、その後酔って突然 山田に傘を返しに行ってしまうので親子やなあと思ったりします。大学生の一人暮らしならよくやるだろうけど、高校生に夜中訪問はやめてあげて!笑 まぁ山田が一人暮らしなの知ってたから茜ちゃんも凸したんだろうとは思うのですがね…

なんだかんだと今後も茜を助けてくれる桃ちゃん、優しいですね。やっぱり茜ちゃんに突然呼ばれてちょっとキレ気味に掃除を手伝ってくれますが、元カレへの未練を断ち切ろうとする彼女を撫でてあげたり、景気づけの焼肉(茜のおごり)へ連れ出そうとしたり…いい子だなって思います。

激しいピンポンコールに激おこで登場した山田、怒るよね(笑)そりゃ怒るわ迷惑だもん(笑)でも谷さんが登場済みの現状(最新56話)で思い返すと、このピンポンコール谷さんの可能性も山田の中ではあったのかなw

茜ちゃんが山田にお礼を言った時、とても晴れやかなスッキリしたような笑顔だったので、過去にトラウマのある山田には救いのような笑顔だったのかな。優しい山田は泣いてる女性がどうしていいか分からなくなるんだろうけど、元気になって自分に感謝を伝えてくれた茜ちゃんにこの頃から興味が出てきたのかもしれませんね。ゲーム誘ってるし。

振り返るように最初の話を読み返して考えていくと、これはこういうことなのかな~って考察できるのが面白いですね。茜ちゃん立ち直りの回、とても良きでした。

 

★第7話 「二人ってもしかして」